うつ病チェックと抗うつ神経症って??

うつ病チェックをみてみると・・・。 「抗うつ神経症」っていうのが、性格とか環境の変化に強く影響される状態のことを言うみたいでね。 内因性の精神障害の代表的な躁うつ病と比較すると症状が軽いんだって。 神経症っておいう心因性の心の病気でね。 ノイローゼって呼ばれたりもするだよね。 発病には、環境的なものや経済的な要因、夫婦のことなどや仕事の失敗なども・・・。 性格的なものと大きく関係してるようだけどね。 かかりやすいタイプうつ病チェックでみてみると・・・。 自分はダメだってちょっとした失敗で決めつけちゃうとか、失敗を恐れたり、現実の認識が甘い人や他人への依存が高いなど。 症状は、うつ病と比べると軽いようでね。 慢性的に不安や悲哀の症状がでるそうだよ・・・。 日内変動とか、睡眠障害などが軽いのが特徴みたい。 構成要因の分析ってものから治療は始まるそうで、何でうつ状態になったのかを探るみたい。 精神療法が使われることもあってね。 一時的なうつ状態の回復として薬を併用することもあるみたいだけど・・・。 生活環境を調べたりすることが、根本的な解決につながるそうだよ~。 一度うつ病チェックをして,自分自身を見つめ直してみるのも良いんじゃないかな~??