2011年 8月

精神病院への入院などが、精神障害から回復したとして・・・。 社会復帰って言うのも問題となるそうだよ(+o+) 社会生活から長い間の治療や入院で離れていたとすると、社会復帰ってすぐには難しいものなんだよね(*_*; 「中間施設」っていうのが、大事なクッション的な役割をもっていて重要なんだって!! 大切なのは、社会復帰を目指すってことでね。 うつ病チェックといっしょにチェックしてみよう~。 ショートステイ施設で、一時的な困難がある人が対象となるそうだよ。 デイ・ケア施設で、対象は昼間の生活指導が必要だって人でね。 社会復帰の指導とか相談は精神保健センターや保健所でも行ってるそうだよ~。 生活の場がない人には、精神障害者向けの福祉ホームもあるんだって。 他にも、ナイトケアというような、病院に夜滞在するっていう形もあるそうだよ~。 共同生活を地域で営むことできるというグループホームなど・・・。 うつ病チェックをして、ちょっと気になることがある人は、きちんと治療を受けて・・・。 社会復帰の前に施設を利用してみるのも大切なのかもね!!
うつ病チェックをみてみると・・・。 「抗うつ神経症」っていうのが、性格とか環境の変化に強く影響される状態のことを言うみたいでね。 内因性の精神障害の代表的な躁うつ病と比較すると症状が軽いんだって。 神経症っておいう心因性の心の病気でね。 ノイローゼって呼ばれたりもするだよね。 発病には、環境的なものや経済的な要因、夫婦のことなどや仕事の失敗なども・・・。 性格的なものと大きく関係してるようだけどね。 かかりやすいタイプうつ病チェックでみてみると・・・。 自分はダメだってちょっとした失敗で決めつけちゃうとか、失敗を恐れたり、現実の認識が甘い人や他人への依存が高いなど。 症状は、うつ病と比べると軽いようでね。 慢性的に不安や悲哀の症状がでるそうだよ・・・。 日内変動とか、睡眠障害などが軽いのが特徴みたい。 構成要因の分析ってものから治療は始まるそうで、何でうつ状態になったのかを探るみたい。 精神療法が使われることもあってね。 一時的なうつ状態の回復として薬を併用することもあるみたいだけど・・・。 生活環境を調べたりすることが、根本的な解決につながるそうだよ~。 一度うつ病チェックをして,自分自身を見つめ直してみるのも良いんじゃないかな~??
薬物療法である、抗不安薬とか九うつ薬などの物以外にも・・・。 精神分析療法とか、自由連想法、睡眠カタルシスなどの治療方法が、精神療法にはあるそうだよ!! 睡眠によって暗示することでの神経症を良くするってものが、睡眠カタルシスっていう治療方法だね。 睡眠療法なんても呼ばれたりするんだけど・・・。 感情や葛藤などを過去の体験が原因のときに表に出そうってわけ。 心の緊張を解くことができるそうだよ~。 人との信頼関係を通すことで、無意識の葛藤などを引き出したり、コンプレックスや不安を取り除こうっていう精神療法の1つでね。 フロイトって言う人が考え出した治療法なんだそうだよ~。 ヒステリーっていう神経症では・・・ 他人の目にふれるようなところで症状が起こるのが特徴みたいでね・・・。 健忘とか突然倒れるってことがあるみたい((+_+)) 男性にも最近見られることがあるのがヒステリーでね・・・。 暗示療法である催眠カタルシスとか、精神分析法である自由連想法での方法が使われるんだって。 うつ病チェックをチェックして、自分自身の心の状態をみてみよう~。 気になる症状があれば、うつ病チェックをしてみて適切な治療方法を受けるようにしよう~。
総合失調症や躁うつ病など、内因性のものが原因としての疾患として分類されてる心の病気もあってね。 心理的なことが原因で起こって、症状が少し軽いとされるのが心因性による疾患なんだって。 神経症(ノイローゼ)って呼ばれるものだよね(*_*; 脳炎後遺症とか東部外傷後遺症などが原因でのものを「外因性疾患」って呼ぶそうだよ。 内分泌障害とか、薬物中毒、アルコール中毒によるものも含まれるんだって。 「器質性精神障害」は、頭部外傷とか脳の器質的な疾患が原因で起こると考えられていてね。 せん妄とかうつ状態、妄想、幻覚、痴呆や、興奮などの状態を呼ぶんだって!! 意識障害として脳震とうが、脳に外傷を負ったときには起こることもあってね。 そして、自覚障害としてうつ状態や頭痛、めまいが続くってことが、回復した後にもあるみたい((+_+)) 薬物療法が、症状によっては用いられることもあるんだって。 治療は早めに始めるのが良いみたいだから・・・。 一度、うつ病チェックをしてみよう~。 もしうつ病チェックで何か異常があるようなら、早めに病院へ相談するようにしよう~。
総合失調症とか躁うつ病などの内因性によるものや・・・。 外因性、心因性などのもの3つで分類してるのが、心の病気でね。 脳や身体的な障害がないにも関わらず障害が、心身の機能に及んでくるものを「心因性の精神障害」と呼ぶそうだよ。 強迫神経症やヒステリー不安神経症、恐怖症などがあるよね。 そして、まとめて「神経症」というノイローゼって呼ぶわけ!! 死に対しての苦しみとか恐怖が、漠然とした不安から起こってくるものが不安神経症でね。 症状として、息苦しさとか激しい動機を感じるんだって。 特徴は、ただ不安感だけが漠然としてみられるそうだよ。 一番多くみられる神経症の1つなのが不安神経症と呼ばれるものでね。 全人口の2、5%にも上るそうだよ!! 20代~30代に多く発症するそうでね。 危険なことに敏感とか、非攻撃的、そして、温和な人、まじめな性格の人がかかりやすいって言われてるんだよね(*_*; うつ病のチェックとともに、苦悩やストレスの原因を探る必要がありそうだね(--〆) うつ病チェックをすることで、今まで見えてなかった自分の心にあるものを見つけることができるんじゃないかな~??
躁うつ病以外にも色んな心の病気があるんだって!! うつ病チェックとともにみてみよう~。 ノイローゼって呼ばれる「神経症」では・・・。 心身の機能障害が、脳や身体での障害が見当たらないのにも関わらずみられるそうだよ。 10に症状から分類をしてるみたいでね。 ヒステリー、不安神経型、強迫神経症、恐怖症、神経衰弱。抗うつ神経症、心気神経症、離人神経症などや。 他にも、非特異型神経症や特異神経症など・・・。 死への苦しみとか恐怖が、漠然とした不安から起こるものを「不安神経症」と呼ぶそうだよ。 息苦しさとか、激しい動機などの症状があるんだって。 神経症状とか身体症状が、突然人前で起こるってもので、心の葛藤とかゆがみなどの症状があるのが「ヒステリー」みたい。 抑えきれない不安や考えってものが勝手に起こってくるのが「強迫性神経症」。 乗り物や締め切ったところ、広いところ、高い所などに対しての強い恐怖感は「恐怖症」と呼ぶそうだよ・・・。 うつ病チェックと一緒にチェックしてみよう!!
うつ病チェックには、季節によって症状が出るってものも挙げられるそうだよ~。 うつ状態になりやすいのが、秋から冬にかけてでね・・・。 回復するのが夏から春にかけてなどといった感じで、季節での周期によって症状がみられるそうだよ~。 「季節性感情障害」ってよぶこころの病気の1つみたい。 障害の特徴としては・・・。 家族にも症状がみられることが多いみたい((+_+)) そして、発症率も北に行くほど高くなるそうだよ!! 体重増加とか、過食、仮眠といった随伴症状も現れるんだって。 有効な治療方法は「高照度光照射療法」が良いそうだよ~。 朝晩3時間ほどに、強いライトを見つめるっていうものでね・・・。 生体リズムの異常が関係して起こってるんじゃないかって考えられてるそうだよ~。 生まれながら持ってる脈拍とか、呼吸、体温、生理、便通、食欲、睡眠といったものが、崩れることが多いのが現代社会なわけだね(--〆) やっぱり、生活のリズムっていうのはこころの病気と深い関係にあるのかもね・・・。 自分自身を、うつ病チェックとともに見つめ直してみよう~。
鎮静効果に比較的優れてるとかっていうのが、抗うつ薬の中にもあるそうでね・・・。 「アミトリプチリン」というものが、焦燥感や睡眠障害などの症状に強いとされるんだって。 「ラントロン」とか「ミケトリ」「トリブタノール」っていう商標名なんだけど。 2週間ほど、効果が現れるまで様子をみるべき薬の一つでね。 イミプラミンと同じ効果の出方ってわけ。 だから、安易に量を増やすことのないように!! 星和書店で出版してる「こころの治療薬 ハンドブック」をみてみると・・・。 根気よく服用することが大切で、効果が現れるのは迅速ではないって書かれてるそうだよ!! 残尿感や便秘などの症状が、抗コリン性の副作用にはみられるそうで・・・。 ちょっとした症状でも医師へ相談する必要があるみたい(+o+) 自律神経の機能が低下してることが多いのが、うつ病者に多いとかでね。 重篤な尿閉とか、麻痺性イレウスなどの状態を招かないようにすることが大切と記されてるそうだよ・・・。 また、緑内障には禁忌でね。 眼圧の上昇を悪化させちゃうみたい((+_+)) うつ病チェックとともに、副作用についてもしっかり知る必要があるよね!! うつ病チェックをして、薬の処方が必要になったときには、ぜひハンドブックを手に入れておきたいものなんじゃないかな~??
主に、抗うつ薬によっての治療が単極型うつ病のときにはあるそうだよ~。 ノルトリプチリンや、アミトリピチリン、イミブラミンという三環系抗うつ薬として用いられるそうだよ(>_<) 商品名でいうと・・・。 トフラニール、クリテミン、イミドールって呼ぶそうだよ。 副作用があるものの、うつ病に対しての効果が期待できるんだって!! 起立性低血圧っていうのも、副作用の1つみたいでね・・・。 2週間ほどの期間が飲み始めて抗うつの作用が分かるまでにかかるんだって(+o+) 排尿障害とか、口の渇き、便秘という副作用が、頻度が高くみられるそうだよ・・・。 必要なのは、対処法や適量の調節っていうものみたい。 だから、うつ病チェックとともに注意点などを知っておくようにしよう~。 身体的にも衰弱状態にあるもので、食欲不振とか睡眠障害が薬を投与して間もなくはあるみたい((+_+)) 効果は感じられるには、規則的な服用をこころがけて落ち着いて待つってことが大事なんだって。 一度、自分自身をうつ病チェックをしてみると良いんじゃないかな~?? うつ病チェックではうつ病と診断される人が実は多くなってきてるんじゃないかな・・・。
「抗うつ薬での薬物療法」というのが、うつ病の主となる治療方法とされていてね。 ノルトリプチリンやアミトリピチリン、イミブラミンという三環系抗うつ薬と呼ばれるものが、多く治療薬として使われるんだって。 商品名と一般名で、うつ病チェックと一緒にみてみよう~。 一般名であるのがイミブラミンなわけで・・・。 「トフラニール」とか「クリテミン」、「イミドール」っていう商品名なんだそうだよ!! 大切なのは、薬剤師とか医師に詳しい説明を聞くってこと(>_<) ハンドブックが手軽に調べられるためにも用意しておきたいものなんじゃないかな~?? 「こころの治療薬 ハンドブック」って呼ばれるものが出版されていてね。 うつ病チェックとともに手に入れておきたいものなんじゃない? 薬の詳しい留意点が載ってるとかで・・・。 代表的な三環系抗うつ薬としてあるのが、イミブラミンなわけで・・・。 中枢神経系モノアミンっていうノルアドレナリンなどの再取り込みを阻害するそうだよ。 うつ病チェックを、自分自身を見つめ直ししてみるっていうのを、ぜひやってみよう~。